ジッテプラスの口コミは信用できない?自分で試してみた【リアル体験】

【ほうれい線とお別れ】頬のたるみとほうれい線を撃退

頬のたるみがでてくればでてくるほど、ほうれい線が深く深く刻まれてしまいます。

 

「このたるみが少し持ち上がれば、ほうれい線目立たないんだけどなあ…」

 

そう思っている方必見です!

 

頬のたるみは改善することができます!
たるみの改善ができれば、ほうれい線も薄くなって、一石二鳥ですね。

 

ではたるみの原因とその対策方法をチェックしましょう。

 

 

<たるみの原因とは?>

 

一番に浮かぶのは、筋肉の衰えではないでしょうか?
表情筋が衰えてしまうと、どんどんお肉が垂れ差がってしまいます。
そうするとほうれい線がより深くなりますよね。そうすると実年齢よりかなり老けて見えてしまいます。

 

他にも、お肌のハリがなくなってしまったり、乾燥によりたるみができてしまいます。

 

表情筋を鍛え、お肌のハリをもたせることで、たるみがなくなり、ほうれい線が薄くなるということですね。

 

 

 

<表情筋を鍛えてお肌のハリをもたせるには?>

 

・表情筋を鍛えよう

 

お肌の皮膚を支えるための表情筋を鍛えてたるみを上にあげていきましょう!

 

まずおもいっきり頬を膨らませます。怒った時の表情をイメージしてください。
皮膚がひっぱられているのがわかります。
そのまま10秒待ちます。

 

そして次は、逆に頬をすぼめます。
口をとがらせるだけでなく、口を閉じたまま頬がへこむくらいすぼめます。
ここでも皮膚がひっぱられているのがわかります。
そのまま10秒待ちます。

 

この表情筋エクササイズを毎日行うことで、表情筋が鍛えられ、たるみを解消することができます!
両手がふさがっていてもできるので、ドライヤーをしている時や料理をしている時など積極的に行いましょう。

 

 

・お肌のハリをもたせよう

 

お肌のハリを復活するために、一番大切なのは睡眠です。
上質な睡眠がとれていないと、肌を再生する時間がなさすぎて、お肌はボロボロになります。
そして肌に栄養がいかなくなり、たるみの原因となってしまいます。
睡眠不足が続くと、肌荒れがおきますよね。

 

まずは、睡眠時間を見直しましょう。特に22時〜1時は黄金タイムです。この時間に寝ているのが理想です。

 

次に、食生活も見直しましょう。
バランス良く食事がとれていますか?
油っこいものや甘いものに偏っていると、肌のハリを失ってしまいます。

 

ビタミンCが効果的ですが、もしなかなか果物等で摂取できない人は、サプリメントもあるので、上手に使いましょう。

 

 

 

表情筋を鍛え、お肌にハリがでてくると、たるみがなくなりほうれい線もなくなりますよ!
毎日意識することで必ず効果がでるので、コツコツと頑張りましょう!

↓↓【今だけ】980円キャンペーン中↓↓

ニキビ跡LP


⇒【今だけ】86%OFFでジッテプラスを買える公式サイトはここ

関連ページ

【衝撃の事実】ほうれい線ができる原因とは!?
ほうれい線は年齢関係なく深くなる可能性があります!誰にでも可能性がある、ほうれい線が出来る原因をまとめました。
ほうれい線は予防することができる!【今すぐ始めたい】
実はほうれい線を予防する方法があります!ほうれい線を予防することで、いつまでも若々しくいられるので、要チェックです!
【恐ろしい話】20代からほうれい線の予防をしましょう!
20代、若いからと言ってほうれい線の予防をしなくていいわけではないです。20代からしておきたいほうれい線の対策とは?
【若返る】30代のほうれい線をきれいにする方法
30代どんどん深くなるほうれい線。実は今からでもキレイにすることができます!30代でもほうれい線を消してしまいましょう!
【消える!?】ほうれい線を消す方法とは!
ほうれい線を消す方法があったら今すぐ知りたいですよね。実は本当にほうれい線を消す方法があるんです!その方法をまとめてみました。
ほうれい線はクリームで消せる!【知らなきゃ損】
ほうれい線を薄くするにはクリームがミソです。正しいクリームを使って、ほうれい線を薄くきれいにしちゃいましょう!
【知っておくべき!】ほうれい線の対策方法をチェック
ほうれい線は対策をしておかないとどんどん深く刻まれていきます。絶対に知っておくべき、ほうれい線の対策方法をチェックしましょう!
【産後注意!?】ほうれい線ができやすいってホント?
産後はほうれい線ができやすいという説があります。その真実は!?産後のほうれい線との関係について調べました。