ジッテプラスの口コミは信用できない?自分で試してみた【リアル体験】

【知っておくべき!】ほうれい線の対策方法をチェック

ほうれい線対策は、絶対にとっておくべきです。
今まで何もしてこなかった人は要チェックですよ!

 

ほうれい線はほとんどの女性が悩むところです。
なぜかというと、ほうれい線があると、老けて見えるからです。

 

大体老け顔の人はほうれい線がある人が多いですよね。
それだけ顔の印象を大きく変えてしまうんです。

 

今はほうれい線がなくても、ちょっとずつちょっとずつそのしわは刻まれていってます。

 

早くから対策をしておけば、30代40代になってもほうれい線が目立たず若々しくみられますよ!

 

 

ほうれい線の対策ベスト3

ほうれい線の対策もいろいろありますが、意外に知られていない、特におすすめの3つを紹介します。

 

紫外線に気をつける

紫外線とほうれい線は、一見結びつきが無いようにも見えますが、ほうれい線ができる大きな原因でもあります。

 

紫外線は肌にダメージを与え、潤いを無くします。

 

ほうれい線は肌の乾燥からできるので、肌にダメージが多いほどほうれい線のリスクが高まるということです。

 

日焼け止め、毎日つけていますか?
私は家にいる時は完全スッピンが多いのですが、以前化粧品カウンターのお姉さんに「家にいるときも絶対付けた方がいいです!」と言われました。
家にいても紫外線は0ではないですし、少しでもダメージを減らした方がいいからだそうです。

 

日焼け止め効果のみの商品じゃなくても、日焼け止め効果のある化粧下地などもありますよね。
化粧下地はほとんどが日焼け止め効果が入っているのではないでしょうか?
BBクリームやリキッドファンデーションなどにも含まれている場合があるので、本格的にメイクをしない日も何らかの対策はしておきましょう。

 

 

 

寝方に気をつける

実は寝方にもほうれい線を作る原因があります。

 

横向きに寝ている人は注意です!

 

横向きに寝ると、頬が垂れてっくるのがわかります。いかにもほうれい線が出来そうな溝が作られます。

 

日々その体制がとられると、頬がたるんでしまい、本当にほうれい線ができてしまいます。正直寝てしまってからはどうなっているかわかりませんが、せめて寝始めは仰向けを意識しましょう。

 

また、テレビを見る時も、つい横になってみてしまうかもしれませんが、頬のたるみの原因になるので気をつけましょう。

 

 

 

顔のマッサージをする

顔のマッサージをすると、とてもスッキリします。ほうれい線の原因ともなるむくみの解消もできるので、ぜひ行いましょう。

 

人差し指、中指、薬指を使います。

 

その3本を頬の高い所にあて、上から下にくるくる回すようにマッサージします。

 

少ししてみると頬の筋肉が動いたのがよくわかります。頬の筋肉を鍛え、頬がさがらないようにしましょう。

 

 

意外なところにもほうれい線の原因が隠れているんですね!すぐにでもできる対策ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

↓↓【今だけ】980円キャンペーン中↓↓

ニキビ跡LP


⇒【今だけ】86%OFFでジッテプラスを買える公式サイトはここ

関連ページ

【ほうれい線とお別れ】頬のたるみとほうれい線を撃退
頬のたるみはよりほうれい線を目立たせてしまいます。たるみをおさえて、ほうれい線を目立たないようにできる方法を調べました!
【衝撃の事実】ほうれい線ができる原因とは!?
ほうれい線は年齢関係なく深くなる可能性があります!誰にでも可能性がある、ほうれい線が出来る原因をまとめました。
ほうれい線は予防することができる!【今すぐ始めたい】
実はほうれい線を予防する方法があります!ほうれい線を予防することで、いつまでも若々しくいられるので、要チェックです!
【恐ろしい話】20代からほうれい線の予防をしましょう!
20代、若いからと言ってほうれい線の予防をしなくていいわけではないです。20代からしておきたいほうれい線の対策とは?
【若返る】30代のほうれい線をきれいにする方法
30代どんどん深くなるほうれい線。実は今からでもキレイにすることができます!30代でもほうれい線を消してしまいましょう!
【消える!?】ほうれい線を消す方法とは!
ほうれい線を消す方法があったら今すぐ知りたいですよね。実は本当にほうれい線を消す方法があるんです!その方法をまとめてみました。
ほうれい線はクリームで消せる!【知らなきゃ損】
ほうれい線を薄くするにはクリームがミソです。正しいクリームを使って、ほうれい線を薄くきれいにしちゃいましょう!
【産後注意!?】ほうれい線ができやすいってホント?
産後はほうれい線ができやすいという説があります。その真実は!?産後のほうれい線との関係について調べました。