ジッテプラスの口コミは信用できない?自分で試してみた【リアル体験】

【産後注意!?】ほうれい線ができやすいってホント?

産後になると一気に老けこんだ気がしませんか?
芸能人が産後すぐに復帰しているのを見ると「なんであんな肌がつやつやしているの?」と思ってしまいますよね。

 

産後にほうれい線がくっきりと出来てしまう人、実は多いんです。
何故ほうれい線ができてしまうのでしょうか?

 

その原因と対処法をまとめました!

 

 

産後のほうれい線

肌の乾燥によりできる場合

産後は肌がぼろぼろになりやすいです。それはホルモンバランスが大幅に崩れるからです。

 

肌がぼろぼろになると、非常に乾燥します。そしてその乾燥が、ほうれい線の原因となるのです。

 

ほうれい線は加齢だけでなく乾燥でもできるんです。なのでそこに関しては年齢は関係ないと言うことですね。

 

産後はめちゃくちゃ忙しいです。そんなスキンケアに時間をかけている場合じゃありませんよね。

 

化粧水や乳液なんてつけたうちに入るかわからないくらいのスピードです…。

 

ただでさえ乾燥しているのに、スキンケアが満足にできていないので、さらに乾燥が悪化してしまうんです。

 

 

そんな忙しいママにおすすめなのは、オールインワンのスキンケア品です。いつも使っているお気に入りのスキンケアは状況が落ち着くまでお休みして、産後はオールインワンにお任せするのもひとつの方法です。

 

オールインワンだと、美容成分がたっぷり入っています。美容液も入っているものがほとんどですからね。そうすればスキンケアが一回で終わるので、非常に便利ですよ!

 

 

 

睡眠不足や栄養不足によりできる場合

産後は体も本調子ではないですし、それに加え育児でてんやわんやしているので、なかなか肌に良い生活はおくれません。

 

睡眠なんて満足にとれるまで数カ月かかります。

 

睡眠がとれていないと、肌が再生する時間がありません。なのでボロボロになった肌を元に戻す時間が足りず、どんどん悪化していくことになります。

 

ものすごい疲労が加わると、ほうれい線がくっきりでてすごく老けた感じになってしまいますよね。

 

だからといって睡眠をとりましょう!とは簡単には言えません。もし家族が協力できる状態であれば、睡眠をとらせてもらいましょう。

 

なかなか難しい家庭もあると思います。そんなママには、エクササイズがおすすめです。

 

赤ちゃんを抱っこした状態でもできます!

 

非常に簡単で有名なエクササイズですが、舌をぐるぐる回すエクササイズです。下で歯の外側をなぞるように回すだけです。右回り左回り両方行いましょう。

 

これはほうれい線に非常に効くエクササイズです。授乳中もできますので、ぜひやってみてください!

 

 

産後老けこんでしまうのは、なかなか防ぐことができません。

 

ですが1つでも対策をとることで、1年後2年後が変わってきます。キレイなママでいるためにも、せめて1つは何か行いましょう!

↓↓【今だけ】980円キャンペーン中↓↓

ニキビ跡LP


⇒【今だけ】86%OFFでジッテプラスを買える公式サイトはここ

関連ページ

【ほうれい線とお別れ】頬のたるみとほうれい線を撃退
頬のたるみはよりほうれい線を目立たせてしまいます。たるみをおさえて、ほうれい線を目立たないようにできる方法を調べました!
【衝撃の事実】ほうれい線ができる原因とは!?
ほうれい線は年齢関係なく深くなる可能性があります!誰にでも可能性がある、ほうれい線が出来る原因をまとめました。
ほうれい線は予防することができる!【今すぐ始めたい】
実はほうれい線を予防する方法があります!ほうれい線を予防することで、いつまでも若々しくいられるので、要チェックです!
【恐ろしい話】20代からほうれい線の予防をしましょう!
20代、若いからと言ってほうれい線の予防をしなくていいわけではないです。20代からしておきたいほうれい線の対策とは?
【若返る】30代のほうれい線をきれいにする方法
30代どんどん深くなるほうれい線。実は今からでもキレイにすることができます!30代でもほうれい線を消してしまいましょう!
【消える!?】ほうれい線を消す方法とは!
ほうれい線を消す方法があったら今すぐ知りたいですよね。実は本当にほうれい線を消す方法があるんです!その方法をまとめてみました。
ほうれい線はクリームで消せる!【知らなきゃ損】
ほうれい線を薄くするにはクリームがミソです。正しいクリームを使って、ほうれい線を薄くきれいにしちゃいましょう!
【知っておくべき!】ほうれい線の対策方法をチェック
ほうれい線は対策をしておかないとどんどん深く刻まれていきます。絶対に知っておくべき、ほうれい線の対策方法をチェックしましょう!