ジッテプラスの口コミは信用できない?自分で試してみた【リアル体験】

【消える!?】ほうれい線を消す方法とは!

ほうれい線、消したいですよね。ほうれい線があるのとないのでは、見た目が全然違います。特に年齢がいくにつれ、その溝は深くなるばかり。

 

ですが、ほうれい線は消すことができるんです!

 

しかも非常に簡単な方法で消すことができるので、ぜひ実践してみてください。

 

たくさんの人が「ほうれい線が消えた!薄くなった!」と絶賛している方法をまとめました!

 

 

ほうれい線を消す方法

ほうれい線は、体操やマッサージをすることで、溝を浅くし、消すことができるんです!

 

この方法は効果が出たと言う人が多いですね!テレビでもよく見かけます。

 

舌まわし体操

口を閉じ、舌を歯の外側をなぞるようにぐるぐる回します。右回り、左回りそれぞれ20回ずつくらいできればいいです。
やってみると、かなりきついことがわかります。

 

この体操は、ほうれい線付近の筋肉を鍛えることができるので、非常に効果があります。
他にも二重あごがなくなったり、口臭がなくなったり、いろんなメリットがありますよ!

 

私はいつもお風呂でやっています。

 

 

舌を出す体操

舌先を鼻につけるイメージで上にあげます。次は顎につけるイメージで下げます。そして右左も頬につけるイメージでおもいっきり出します。

 

この時肩があがらないように注意してください。
この体操もよくテレビでみかけますね!みんなすごい顔でやってます。笑

 

この体操をすると、表情筋がとても使われたのがよくわかります。顔の筋肉が鍛えられ、ほうれい線を消すことができます。

 

 

あ行を言う体操

上を向き、大きく口をあけてゆっくりと「あいうえお」と言います。とにかくゆっくり、口を大きく開けて顔の筋肉を動かす意識をします。

 

頬のたるみがなくなり、ほうれい線に効果があります。

 

 

 

これらはほうれい線を消すための有名な体操です!道具がいらないというのが本当に嬉しいですね。

 

時間さえあればいつでもできます。

 

他にも、マッサージも効果があります。体操をして筋肉を使ったあとでも大丈夫です。

 

人差し指と中指を頬にあて、ゆっくり筋肉をほぐすイメージでくるくるとマッサージします。
肌が乾燥している状態でするといためてしまうので、スキンケア後のマッサージにするといいですね!

 

ほうれい線対策|まとめ

毎日続けることで、必ず効果がでます。

 

早い人だと1週間でほうれい線が消えたという報告もあります!ぜひbeforeの写真を撮って、1週間後と比べてみてください。

 

その変化に驚くと思います。

 

面倒くさいときもあるかもしれませんが、諦めないで、根気強く続けましょう!

↓↓【今だけ】980円キャンペーン中↓↓

ニキビ跡LP


⇒【今だけ】86%OFFでジッテプラスを買える公式サイトはここ

関連ページ

【ほうれい線とお別れ】頬のたるみとほうれい線を撃退
頬のたるみはよりほうれい線を目立たせてしまいます。たるみをおさえて、ほうれい線を目立たないようにできる方法を調べました!
【衝撃の事実】ほうれい線ができる原因とは!?
ほうれい線は年齢関係なく深くなる可能性があります!誰にでも可能性がある、ほうれい線が出来る原因をまとめました。
ほうれい線は予防することができる!【今すぐ始めたい】
実はほうれい線を予防する方法があります!ほうれい線を予防することで、いつまでも若々しくいられるので、要チェックです!
【恐ろしい話】20代からほうれい線の予防をしましょう!
20代、若いからと言ってほうれい線の予防をしなくていいわけではないです。20代からしておきたいほうれい線の対策とは?
【若返る】30代のほうれい線をきれいにする方法
30代どんどん深くなるほうれい線。実は今からでもキレイにすることができます!30代でもほうれい線を消してしまいましょう!
ほうれい線はクリームで消せる!【知らなきゃ損】
ほうれい線を薄くするにはクリームがミソです。正しいクリームを使って、ほうれい線を薄くきれいにしちゃいましょう!
【知っておくべき!】ほうれい線の対策方法をチェック
ほうれい線は対策をしておかないとどんどん深く刻まれていきます。絶対に知っておくべき、ほうれい線の対策方法をチェックしましょう!
【産後注意!?】ほうれい線ができやすいってホント?
産後はほうれい線ができやすいという説があります。その真実は!?産後のほうれい線との関係について調べました。