ジッテプラスの口コミは信用できない?自分で試してみた【リアル体験】

【衝撃の事実】ほうれい線ができる原因とは!?

ほうれい線ができる原因ってご存知でしたか?
実は年齢だけじゃないんです!

 

思いもよらぬところで、ほうれい線を作る行動をとっているかもしれません…。

 

ほうれい線の原因は様々です。
まとめてみましたので、自分の行動に当てはまるかチェックしましょう!

 

<ほうれい線ができる原因5つ>

 

1.加齢
一番原因として思い浮かぶのが加齢ですね。
歳を重ねると、肌の水分が減ってしまいます。
水分が足りないと肌のハリがなくなり、垂れてしまうんです。
そうすると頬のたるみの境目にほうれい線がくっきりと表れてしまいます。

 

 

2.紫外線
実は紫外線もほうれい線の原因になります。
紫外線に当たると、しみができるのは有名ですが、その肌へのダメージは肌を衰えさせ、たるみをつくってしまいます。
たるみができると、加齢と同様に、ほうれい線がくっきり出てしまいます。

 

日頃からノーメイクでも日焼け止めだけは必ず付けていきましょう。
家の中にいても、カーテンをあけていれば紫外線を少しでも浴びてしまいます。
朝起きたら日焼け止めを付ける習慣をつけておきましょう。

 

 

3.姿勢が悪い
こんなところにもほうれい線の原因が隠れています。
特に最近の人はスマホやパソコンを扱う機会が多いと思うので、猫背になりがちです。
猫背になると肩こりがひどくなり、血行も悪くなります。
そして猫背にしてみるとわかりますが、背中が丸くなると首回りの皮膚がたるみます。
この状態を繰り返すと、段々皮膚が下に垂れさがってしまい、ほうれい線ができてしまいます。
姿勢をよくすると、顔付近の筋肉があがるのがわかりますね。

 

ほうれい線ができるきっかけを作らないためにも、姿勢には気をつけましょう。

 

 

 

4.表情筋が衰えている
皮膚をささえている表情筋が衰えると、これもまたほうれい線の原因になります。
表情が硬い人などは、頬の動きが少ないため、どんどん皮膚がゆるんでしまいます。
かといっていつもニコニコで表情筋が活発過ぎても、笑い皺ができてしまうことがあります。
自分で表情筋が硬いかどうかは、普段の生活からなんとなくわかると思うので、硬いと思う人はエクササイズをしましょう!

 

 

 

5.乾燥
1の加齢とリンクしていますが、水分が足りないと肌のハリがなくなります。
加齢とは別に、乾燥でも同じ状態になってしまいます。
特に乾燥肌の人は、しっかりと水分を行き届かせるようにし、カサカサにならないようにしましょう。
乾燥肌ではない人も、乾燥している時期は美容液を使うなどして、保湿を念入りにおこなっておきましょう。

 

 

 

意外にも普通の生活スタイルが、ほうれい線を作る原因になっているんですね。
心当たりのある方は早急に改善しましょう!

↓↓【今だけ】980円キャンペーン中↓↓

ニキビ跡LP


⇒【今だけ】86%OFFでジッテプラスを買える公式サイトはここ

関連ページ

【ほうれい線とお別れ】頬のたるみとほうれい線を撃退
頬のたるみはよりほうれい線を目立たせてしまいます。たるみをおさえて、ほうれい線を目立たないようにできる方法を調べました!
ほうれい線は予防することができる!【今すぐ始めたい】
実はほうれい線を予防する方法があります!ほうれい線を予防することで、いつまでも若々しくいられるので、要チェックです!
【恐ろしい話】20代からほうれい線の予防をしましょう!
20代、若いからと言ってほうれい線の予防をしなくていいわけではないです。20代からしておきたいほうれい線の対策とは?
【若返る】30代のほうれい線をきれいにする方法
30代どんどん深くなるほうれい線。実は今からでもキレイにすることができます!30代でもほうれい線を消してしまいましょう!
【消える!?】ほうれい線を消す方法とは!
ほうれい線を消す方法があったら今すぐ知りたいですよね。実は本当にほうれい線を消す方法があるんです!その方法をまとめてみました。
ほうれい線はクリームで消せる!【知らなきゃ損】
ほうれい線を薄くするにはクリームがミソです。正しいクリームを使って、ほうれい線を薄くきれいにしちゃいましょう!
【知っておくべき!】ほうれい線の対策方法をチェック
ほうれい線は対策をしておかないとどんどん深く刻まれていきます。絶対に知っておくべき、ほうれい線の対策方法をチェックしましょう!
【産後注意!?】ほうれい線ができやすいってホント?
産後はほうれい線ができやすいという説があります。その真実は!?産後のほうれい線との関係について調べました。